社会福祉法人豊潤会|茨城県那珂市|特別養護老人ホーム|軽費老人ホーム|保育園|グループホーム|在宅介護|小規模多機能型居宅介護|認知症対応型共同生活介護|

 

小さいけど根っこを広げる取り組み

   
はじめに
当施設は、茨城県北西部に位置する人口約4万2千人の常陸大宮市にあります。高齢者率は、全国や茨城県平均と比べても高く30%を超えており、高齢化が進展している地域です。
 しかし、当施設では利用者の確保に苦労しています。その背景には、人口に対する施設の割り合いが非常に高く、有料老人ホーム・介護施設が23ヵ所、デイサービスは11ヵ所あり、さらに高齢者の多くは国民年金で生活をしている現状があるからです。
 この現状を鑑み、私は管理者として、「グループホームやデイサービスを運営していくときに、もっと利用者が増えていく方法はないだろうか?」と日々考えていました。ひより食堂を始めたのは、ちょうどそんな時でした。
 きっかけは、デイサービス利用からグループホームへの入所の流れをスムーズにするためでしたが、当初の予想に反してデイサービスの利用者は思うように増えていきませんでした。そこで考えたのが、送迎サービス付きの食堂(ひより食堂)を始めて、デイサービスの利用者確保につなげていくことでした。
 本稿では、デイサービスを使った送迎付き「ひより食堂」の取り組みについて紹介します。
   
地域高齢者の声から始めた「ひより食堂」
 当施設の職員が地域の高齢者の家庭を訪問した時のことです。「野菜はあるが肉・魚がない」、「食べに行く店が近くにない」、「1人では、お店に食べに行きづらい」、「食材を買いに行きたくても店が遠い」など、食事に関する多くの訴えがありました。
 私はこの話を聞いた時、「社会福祉法人として地域に貢献できることはないか?」と思うと同時に、「もっと利用者が増えていく方法はないだろうか?」と思ったのです。サービスを望む高齢者がいて、サービスを提供したい施設がある。需要と供給を考えた時、この2つの思いが合致したのです。
 そこで、当施設の中で食堂をオープンし、地域の高齢者の方々に利用してもらおうと考えました。食事に関するサービスとして思い浮かぶのは配色サービスですが、この地域に必要なのサービスを考えた時、食材の買い出しや調理が困難な高齢者の方に送迎サービスを行ってひよりに来所してもらい、栄養バランスの取れた食事を供給することも大事であると思ったのです。
   
ひより食堂の目的と方法
【目的】
 地域の声から始めたひより食堂ですが、最終目的は、ひよりの介護保険サービスにつなげて利益を上げていくことだと考えています。もちろん、施設を運営するうえでそれはとても重要ですが、利益が出れば何をやってもよいというわけではありません。
 そこで、全職員が同じ方向を向いてサービス提供できるよう目的を決めました。それは、送迎サービスを行ってひよりに来所してもらい、栄養バランスの取れた食事を提供することにより健康の維持・向上を図るとともに、普段の食生活の見直しや、食育の重要性を周知することで、自立生活の継続および介護予防などを支援する事です。
 
【対象者の決定】
 利用対象者は、疾病等の理由により見守りが必要で、自力での調理が困難な次のような高齢者です。
・肉や魚の摂取量が少ない
・1人では、お店に食べに行きづらい
・食材を買いに行きたくても店が遠い
・ひよりのデイサービスを利用している
・その他、食事を希望する人
 
【運営方法】
 ひより食堂の運営は次のようにしました。
・サービスの提供は毎週土曜日
・送迎サービスにより昼食を提供(利用料金400円)
・メニューは2種類から選択
・デイルームを使用
・希望により健康チェックを実施
・健康に関するポスター等を掲示
   
ひより食堂の実際
【利用方法】
 ひより食堂は、10人規模のデイルームを使った食堂で、2014(平成26)年7月3日のオープン以来、週1回のペースで開催しています。
 利用者は、食事の後に次回の予約を取っていただくか、前日までに電話で予約をしていただきます。また当日、予約をせずに来られた方には、予約状況を見て食事のご案内をしています。
 食堂では長方形のテーブルを囲むようにして座り、テーブルの真ん中に花を生けた花瓶を置いています。利用者には、来所した順に麦茶やコーヒーなどを用意してくつろいでもらいます。
 同じテーブルを囲み、利用者同士が一緒に食事をすることで会話も弾み、野菜のつくり方や調理の工夫について多くの意見をいただくこともあります。そして、お帰りの際には、次回の開催日とメニューを確認しています。そうすることで、次回の予約へとつながるのです。
 
【ひより食堂を利用した支援】
 ひより食堂に来所した方々には、先述の目的にもあるように、さまざまな支援や話題を提供しています。これまでに行ったものは次のとおりです。
・本日のメニューの説明
・季節ごとの感染症対策
・身近なニュース
・お薬カレンダーを活用した薬の管理
・口腔ケア、音楽リズム体操
・高血圧、熱中症などの健康に関する小冊子の配布
・認知症サポーター養成講座
・世間話
・他の施設に行った時の話など、
 利用者の方にも毎回好評です。
   
ひより食堂をとおしての喜びや気づき
 ひより食堂を活かしてサービスの質を向上させていくには、食事に来ていただく利用者の方々との会話をとおし、当施設の職員個々が喜びや気づきを持ち続けていくことが大切だと思います。オープンから約2年、ここに挙げきれないほどの多くの喜びを得ました。
 以下は、その一例です。
・親にデイサービスに行ってほしいけれど、いやだと言っているので、まずは食堂に行こうと誘うことができるので行きやすい
・ひより周辺の高齢者と会話ができてよい
・独居の高齢者は1人で寂しいけれど、ここに来ると話し相手がいるので楽しい
・大勢で食べると食欲も出るし、おいしい
 またその反面、「ひより食堂に行くとデイサービスを利用しなければならないと思うので、行きにくい」という意見もあり、地域高齢者の声から始めたサービスではありましたが、利用される方の良い意見だけではなく、マイナスの意見があることにも気づけ、今後の課題も見つかりました。
   
まとめ
「もっと利用者が増えていく方法はないだろうか?」との思いから始めた「ひより食堂」について紹介してきました。
 現在、1日平均5~6人の利用ではありますが、地域の1人暮らしの高齢者にとって、暮らしの中での楽しみの1つとなっています。
 今後も継続して、地域の人々のお役に立てる「ひより食堂」になっていきたいと思います。
 
 
産労総合研究所「看護のチカラ」2016年5月15号掲載
qrcode.png
http://www.houjyunkai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<社会福祉法人豊潤会>> 〒311-0111 茨城県那珂市後台2042-1 TEL:029-298-6399 FAX:029-298-6332