社会福祉法人豊潤会|茨城県那珂市|特別養護老人ホーム|軽費老人ホーム|保育園|グループホーム|在宅介護|小規模多機能型居宅介護|認知症対応型共同生活介護|

 

地域包括支援センターって何をする所?

 

いつまでも住み慣れた自宅で元気に過ごすお手伝いをしています

いつまでも住み慣れた自宅で元気に過ごすお手伝いをしています
 
「住み慣れた自宅でいつまでも元気に過ごしたい」
「自分のことは、できるだけ自分で決めて、他人の手を借りずに自分でやりたい」
 
これは、皆さんの共通の願いだと思います。
 
一方で
「歳をとるごとに身体が弱ってきて、このままでは寝たきりになってしまうかも・・・」
「うちのおじいちゃん、物忘れがひどくなってきたみたい」
「近所のおばあちゃん、最近元気がないわ」
など、普段の生活の中で気にかかる事、心配や不安な事、困っている事がありませんか?
また、どこに相談したらいいのかわからないことはありませんか? 
 
   
そのような、いろいろな困り事の相談窓口が、地域包括支援センターです。
 
センターには、主任介護支援専門員(主任ケアマネージャー)、社会福祉士、保健師という介護・福祉・保健についての3人の専門の職員がおります。3職種が専門性を活かしながら、時にはチームで、時には地域の方や市役所など関係機関と連携しながら、困り事の解決に取り組んでいます。
 
もちろん、秘密は厳守いたします。安心して、お気軽にご相談ください。
ご相談お待ちしております。
   
 
地域包括支援センターでは、こんなことを行っています。
 

1、介護予防を推進します(介護予防ケアマネジメント)

1、介護予防を推進します(介護予防ケアマネジメント)
 
要支援1・2と認定された方の介護予防ケアプランを作成します。「介護予防」のために、ご本人やご家族と相談しながら、目標を設定し、目標が達成できるよう介護保険サービスやその他の福祉サービスを組み合わせてケアプランを作成しています。
 
また、那珂市が65歳以上の高齢者の中から選んだ今後要介護・要支援になるおそれのある方へ、訪問や郵送で「介護予防教室」などのお知らせをしたり、定期的に伺って御様子を確認させていただいています。
 

2、高齢者の権利を守ります(権利擁護)

2、高齢者の権利を守ります(権利擁護)
 
○虐待を防止します。
  虐待を発見した場合の通報、高齢者本人や擁護者(介護者)などからの相
 談を受けて、他の関係機関と連携して高齢者の権利を守ります。
 
○悪質な訪問販売などによる被害を防止します。
  高齢者にとって身近なケアマネージャーや民生委員、他の関係機関と連携
 して、消費者被害の早期発見と防止にあたります。
 
○認知症などにより判断能力の低下している方を支援します。
  認知症などで判断能力が低下していて、財産の管理や日常生活上の契約
 などに不安がある方へ、成年後見制度などの活用を支援します。
 

3、さまざまな相談に対応します(総合相談支援)

3、さまざまな相談に対応します(総合相談支援)
 
高齢者の生活全般に関する相談、高齢者の家族や地域住民の方などからの相談に主任ケアマネージャー・社会福祉士・保健師などの専門職が対応します。
 

4、適切なサービスを提供できるように支援します

4、適切なサービスを提供できるように支援します
 
これは、包括的・継続的ケアマネジメントともいわれています。
ケアマネージャーへの支援や助言、主治医や地域の関係機関との連携などを行い、充実したサービスが提供できるように支援しています。
     
qrcode.png
http://www.houjyunkai.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<社会福祉法人豊潤会>> 〒311-0111 茨城県那珂市後台2042-1 TEL:029-298-6399 FAX:029-298-6332